第10回 高知ふくし機器展

6月5日(日)、しまなみの疲れも残る中、行くかやめるか迷いに迷いましたが高知まで行ってきました。
第10回高知ふくし機器展(高知県立ふくし交流プラザ)に情報を集めにです。
障がいピアサポートセンターにて2011年9月11日、福祉機器展を企画中なのです。

午前中にNPOの総会があったので昼から出発。
着いたのは15時前。

まず、外にある福祉車両の展示。
国内ほとんどのメーカーが来ていてびっくり。
各ブースに分かれて様々なセミナーが企画されています。

非常にコンパクトにまとまっていて、見やすい展示です。

コミュニケーション機器はすばらしい品揃え。

一階はほかに住宅改修や作品展示、ふくし交流プラザに元々ある展示がうまくされていました。

二階へ上がり、車椅子・ベット・リフト・自助具・視覚・聴覚・おしりまわり・・・と続き

大阪などと比べると非常に少ない展示スペースですが、内容が濃くコンパクトに福祉機器が集まっています。
話をする中でこれも10回続けてきたから出来る形であるといわれました。
やはり継続は力なり、です。

16時終了なのでドタバタでした。
しかし、短時間でも十分回りきれるコンパクトな展示です。
なのに十分満足できテンションあがりました。
こんな展示があるのであればゆっくり余裕を持ってきたかったな~という感想です。

第10回 高知ふくし機器展」への1件のフィードバック

  1. 高知県までお疲れ様です。

    福祉機器展に興味があり行ってみたいな~と思ってます。
    なかなか近くで福祉機器展がないので行けていません。高知県ぐらいなら行けたかもしれないけど福祉機器展があるのを知りませんでした

    障がいピアサポートセンターは近いので福祉機器展にいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください