列車利用計画24高松編~裁判傍聴は大騒ぎ?~

列車利用計画24高松編

  • 日時 2019年3月12日 火
  • 行き先 高松駅周辺
  • 行き 快速サンポート南風リレー号
    関川駅9:12発 伊予寒川駅9:25発 川之江駅10:00発
    高松駅11:32着
  • 帰り 快速サンポート南風リレー号
    高松駅 16:13発
    川之江駅17:59着 伊予寒川駅18:10着 関川駅18:24着

 

もう何回目だろうか。高松に行ってきました。
銘々、高松を楽しみ、食べたり食べたり食べたり食べたりしたもようです(笑)

僕は、高松地方・高等裁判所があるということで

【裁判を傍聴してみよう】

お昼ご飯に、陳健一の麻婆豆腐(大辛)を食べ、
(本当は激辛を食べたかったのだが、相方が超激辛を食べる勇気がなく。1段階下げることになりました)大辛は余裕です。

大辛
大辛

 

激辛
激辛

違いはわかりにくいですね(・´з`・)

これを食べて、いざ傍聴!

裁判所に着いて、うろうろしていると
職 員「どうされました」
テン士「傍聴したいですけど。」
職 員「初めてですか?」
テン士「はい」
職 員「民事と刑事がありますが、初めてだと刑事のほうがわかりやすいと思います。ちょうど、13:30~ありますけど、地方も高等も判決なので早く終わると思いますが・・。」

ってことで、議場に行くと、傍聴人入口があったのでそこで待機
カギがあいたので、書記官?と目が合う。
書記官「傍聴されます?」
テン士「はい」
書記官「ど・どうぞ」
中に入ると
書記官「どこに座られますか?」
テン士「もうこの通路でいいですよ」
書記官「え・・あーはい。ちょっと裁判長に確認します。ちょっと待ってください」
テン士「はい。(ぇ?)」

(相手の声は聞こえていない)
書記官「(電話)あ、〇〇です。あのですね、車いすのかたが傍聴に来られてまして・・・通路におられます。え?椅子が3ブロックありますよね?そこの後ろの通路に、他の傍聴人が来られた時に・・・あー前に来ていただきましょうか?小回りはちょっと難しいですね。はい・・はい。椅子には座らず、車いすに座ったまま傍聴されるということで意思確認しました・・・はい。わかりました。」

書記官「そのまま傍聴されてください」
テン士「はい。(そんな騒ぐことか?)」

そんなことがありつつ、裁判がはじまり。
裁判長が主文を読み上げ、事件の内容を話し、主文の内容を説明して
「これに不服があるときは、控訴できます」
の説明で終わりました。(場内で話したのは、裁判長のみ)

事件の内容を聞いていると、疑問が2・3いや5・6出てきまして
これは判決よりも、検事と弁護士が言い合っている姿を見たいですね。
これは、また行きたいものです。ちょっとハマりそう。

 

こういうものあったので貼ります。http://www.courts.go.jp/about/syougaisyahairyo/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください